よくある質問 その他

野鳥を保護しましたが、連れて行って良いですか?
野鳥を保護された場合、市内の鳥獣保護施設に御連絡頂くようにお願い致します。
車で出かける場合に気をつける事はありますか?
思わぬ事故の元になりますので、出来れば車内では固定したキャリーケースに入れましょう。1~2時間に1回はトイレ休憩を取ります。また、車内は高温になりますので動物を残したまま車を離れてはいけません。何れにしても様子をまめにチェックしましょう。
太っている方が可愛いので食餌を上げ過ぎてしまいます。ダメでしょうか?
ぽっちゃりとした体形は確かに可愛く見えることもあります。しかし、太ってしまうと糖尿病や膵炎、脂肪肝(猫の場合、命に関わる事も多いです)、推間板疾患、関節炎等、様々な病気のリスクを高めてしまいます。動物達の快適な日々のためにも適正体重を目指しましょう。
仔猫を拾ったのですが、元々飼っている猫と一緒にしても大丈夫ですか?
仔猫が寄生虫や伝染病を持っている場合もありますので、動物病院で健診を受けた方が良いでしょう。その際、少量の便を持っていくとお腹の寄生虫等の検査が出来ます。問題が無いようなら、徐々に先住猫と慣らしていくのが良いでしょう。
仔犬を飼い始めました。いつからシャンプーをしても良いですか?また、どんなシャンプーを使えば良いでしょうか?
家に迎え入れてから1週間~10日間、水浴び程度で体調に問題がないか様子を見ます。そこで、混合ワクチンを打っていなければ接種し、その後更に1週間程体調に変化が無いか見て大丈夫ならシャンプーをしても良いでしょう。  シャンプー剤は、皮膚に問題が無ければ低刺激の犬用シャンプーで良いでしょう。不安であれば動物病院で診察を受けましょう。
保護犬を迎える際に最初にすべき事は何ですか?
飼い始める前に、犬に対する知識を習得する事です。良質な食事、食器、寝場所、首輪、リード等を準備し、静かで落ち着ける環境を整えます。そして、問題が無いようでも一度動物病院で健康状態をチェックしてもらうと良いでしょう。
散歩中、道沿いの草を食べてしまったのですが大丈夫でしょうか?
基本的に大きな問題はないと思いますが、植物の種類によっては有毒であったり、伝染病の菌やウイルス、さらには除草剤などの毒物が付着していることがあります。
また、草は粘膜を刺激して胃腸が荒れることもありますので、食べさせない方が安全です。
迷い犬、猫を保護しました。どうしたらいいですか?
まずは、保護した場所の一番近場の警察署・交番・駐在所に届けましょう。保健所にも連絡し、探している方がいないか確認しましょう。犬の場合、首輪等に狂犬病予防注射のプレートや鑑札がついていれば、市町村役場に問い合わせ、照合してもらうことができます。近隣 の動物病院にも問い合わせてみましょう。犬にはリードをつけ、保護した周辺を散歩させてみるのも有効な方法のひとつです。 普段から飼い犬には迷子札をつけたり、首輪に自宅等の電話番号を書く事をお勧めします。
海外に引っ越すことになったのですが、犬や猫もつれていくにはどうしたらいいですか?
日本を出国するためには、動物検疫所において出国前に狂犬病(犬の場合は狂犬病とレプトスピラ症)についての検査及び輸出検疫証明書の交付を受けなければなりませんので、事前(出国7日前まで*)に動物検疫所に連絡し、輸出検査申請書を提出するか、NACCS(動物検疫関連業務)にて申請してください。 (* 相手国の入国条件によっては、早めの連絡が必要になる場合があります。 )
 また、 相手国に入国するための条件(入国条件)が決められていることがあります。入国条件は、日本にある相手国大使館又は相手国の動物検疫機関に、直接ご確認ください。
入国条件の一例としては、事前許可(パーミット)、マイクロチップの装着、狂犬病の予防接種 、ジステンパー、猫白血病などの予防接種 、外部寄生虫、内部寄生虫の駆虫薬投与 、血清検査 、在住(期間)証明 などがあります。 なお、入国条件の内容によっては検査場所が限られる又は検査等に長時間(日数)を要することがありますので、出国予定が決まりましたら早めに検疫を受ける動物検疫所にご連絡ください。
(農林水産省のHPより引用)
ページトップへ
災害時のために用意しておくこと・ものはありますか?
狂犬病(犬)・混合ワクチンの接種
数日分の食事・水の用意、ワクチンの証明書(証明ができないと避難所・仮設住宅などに入れない場合があります)
迷子札の装着、マイクロチップの埋め込みなどをしておくとよいでしょう。
また、日頃からキャリー・ケージに慣れさせたり、むやみに鳴かない・吠えないようにしつけをすることも大事です。
ページトップへ
ペットがいなくなりました。どこに連絡したらいいですか?
最寄りの警察・保健所・市町村へ届け出をし、迷子犬・迷子猫の登録をしましょう。
ケガをしている場合などは、動物病院に連れて来られている可能性があるので、問い合わせてみるのもよいでしょう。
チラシを貼ったり新聞広告に載せるのも効率的です。
ページトップへ
ページトップへ